title_edited.jpg

​女性の「産む力」「育む力」

胎児時代からつながる子どもの「育つ力」

を発揮して 

より あなたらしく 親子らしく暮らす

​お手伝いをいたします

 

〇ケアの考え

人は皆 自分を癒す力をもっています。

時として、その力が発揮しにくい時少しお手伝い(テイクケア)することで蘇り、

自分の人生を自分の足で歩く力を発揮していきます。

mamaルーム杉上では、

その時の状況、あなたにあわせたケアを一緒に考え、行っていきます。

体が変わると心も変わる。

なぜなら、自分の中にあるものだから。

あなたが困っていること、悩んでいることは

こう変わりたい の裏返しの言葉。

​思い切り発散して、

自分のタイミングで進んでいきましょう!

〇ケアの組み立て

私達は胎児時代から今までいろんな経験を重ねながら、今ここにいます。

その状態がどんな感じかを自分でみつめることは、今の自分を探すってこと。

 

ですので、まずは現在の状態、過去の状態をお聞きし、動いていただいて

自分の体をみつめることを一緒にします。

 

そのあと必要に応じて

私がさせていただくテイクケア

自分でできる操体法、呼吸法、エクササイズなどをお伝えします

〇ケアと医療の違い

心配なことがあって病院で医師に相談すると、「大丈夫、心配ない」といわれることがありますね。

医師にそういわれると、まあ大丈夫かな、と安心したりします。

逆になんとなく心配でずっともんもんとすることもあります。

 

私が拝見すると、これはちょっと心配、気になる、ということがあります。

 

なぜ、意見が違ってくるのか?

それは、見方が違うからだと思います。

 

医師は目の前の人が病気なのかそうでないのか、を診断するプロです。

ですので、病気ではない、治療(cure)は必要ない、という意味で「大丈夫」といわれます。

 

私たちケアギバーは、生活の質が向上するように援助するプロです。

ですので、病気ではないけれど、何らかの援助(care)を提供したほうがいい、という意味で

「心配」といいます。

たとえば、腰が痛い。

命には影響はないので、心配ない、でも生活はしづらい、のでケアは必要。

 

たとえば、お腹の中の赤ちゃんの姿勢。

命には影響ないので、順調。でも赤ちゃんはお腹の中でつらいだろう、

生活しづらいだろうと思うので、ケアは必要。

 

たとえば、向き癖。

命には影響ないので、心配ない。でも反対を向けないのは体が動きづらいだろう、つらいだろうと思うので、ケアは必要。

こうして、ケアを提供していくと、

実は大きなトラブルの予防になっていたりします

こんなスタンスで私は日々お会いする妊産婦さんや赤ちゃん、お子さんとお話しさせていただいています

4.jpg
2.jpg
3.jpg