​同じ親として育児に奮闘するあなたへ

かつてオランダで在蘭日本人への妊娠出産育児援助をしていたころ、在蘭日本人のみなさんは、チャイルドシートに赤ちゃんを寝かせていました。助産師の私は「赤ちゃんは布団でまっすぐ寝かせる」ことが基本でしたので、違和感を抱いていました、。

私自身も3人目をオランダで出産。この子は3人の中で一番出産時のストレスがなかったのか、出産直後からとても自由闊達で、自分の欲求を素直に表現できる赤ちゃんでした。抱いていると寝るが、硬い床に置くと泣く、の繰り返し。その後椅子型チャイルドシートではよく寝るが、座布団ではすぐ起きる、という状況でした。

そして上二人と違い、不思議なことにおっぱいは満足するだけ飲むと自分から口を離していました。3人目にしてはじめての経験です。なぜ自分からおっぱいをやめることができるんだろう?赤ちゃんの姿勢と発達の関係について勉強を始めて、この謎はとけました。

親が日々暮らしの中であれこれ工夫することは赤ちゃんの快不快を察知して、それに合わせようとやっていることだったのです。私自身が今までの知識に邪魔されて、赤ちゃんが本当にしてほしいことが見えていなかったのではないかということに気づきました。(2012年 べびぃケア巻末より)

赤ちゃんは一人一人違います。ママやパパも一人一人違います。それぞれの親子にあった育児の工夫が、大きくなってからも安定した発達をしていく一助になるでしょう。

​赤ちゃんとの掛買いのない日々が喜びに満ちた日々でありますよう、ずっと応援しています。

​2020年2月15日

 
 

べびぃの成長を願って日々奮闘されている支援者の皆様へ

日々、お仕事 お疲れ様です。

楽しんでますか? やりがいはありますか?

この子はどんな子どもだろう?将来どうなっていくんだろう?

未来ある子どもたちは 私たちにたくさんのヒントや夢を渡してくれます。

そんな中で、どうしてこの子はこうなんだろう?

どうしてこんなに困ることをするんだろう?

どうして寝ないんだろう?

どうして? どうして?

??が浮かぶということは、それだけ子どもをよく見ていること。

すごいことだと思います。

現象は見えている。

それを語る言葉が少なかったり、表現がしづらかったりしている。

だからこそ、学びます。べびぃ時代の発達を。

私たち人はすべて赤ちゃんでした。胎児でした。

最初にしようとしていたことが、すべての基本だと考えます。

基本を大事にしながら子どもたちの様子を見ると、

「ああ、そういうことだったのね」

霧が晴れるようにこどもたちの訴えがわかってきます。

だから

べびぃケアのやり方は一人一人違います。どうアセスメントして、どのやり方が目の前のお子さん、親子にとって適切なのか試行錯誤します。。子どもとママの心地よいやり方を提案、見つけ出すことが大切。

これは技術です。

技術は練習すればするほど上達する。

一緒に磨きませんか?

今まで積み上げてこられた大切な経験や知識をさらにブラッシュアップしませんか?

​お目にかかる日を楽しみにしています。

べびぃLabo☆Ceres 代表

杉上 貴子

​(保健師・助産師)

(NPO)母子フィジカルサポート研究会認定講師 

ホワイトボード・ミーティング®認定講師

認定子ども園 桑ノ木幼稚園 指導・監修

子ども発達指導エキスパート(初級)

BRM療法士

認定こども園 からだ育て指導・監修

自治体乳幼児健診従事

日本助産師会会員

日本母性衛生学会会員

日本母性看護学会会員

千葉大学看護学部卒業。病院・看護短大などで勤務後2001年に独立。

身体が整うことで心も変化する助産ケアや育児アドバイスをおこなっている。

特に妊産婦やべびぃ・乳幼児の個別ケア、各種教室(安産のためのボディケア、べびぃケア、出産準備)派遣講師・認定子ども園でのからだ育て監修に力を入れている。
また、保育士、助産師・看護師をはじめ、対人援助職や教員を対象に会議や研修にファシリテーションを取り入れ、効果的な関係づくりを進めている。

経歴

1985年

  千葉大学看護学部看護学科卒業
  看護師・保健師・助産師・資格所得
  葛飾赤十字産院就職

1988年~1991年

  東京女子医大短大(現大学看護学部)にて母性看護学講座助手

1993年~1996年

  横浜市の産科クリニックに従事

1993年~現在

  地域母子ケアに従事(横浜市青葉区、千葉県、浦安市、兵庫県明石市)

1996年~2000年8月

  オランダ在中 第3子を自宅にて出産

1997年~現在

  蘭蘭育児ネットワーク立ち上げ

2002年~現在

  mamaルーム杉上 開設
  NPO法人 母子フィジカルサポート研究会所属

2012年~現在

  桑ノ木幼稚園にて認定こども園のバックアップ

  「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」(合同出版)共著

2013年~現在

  育児サポート楽育 設立

2015年~現在

  ホワイトボードミーティング® 認定講師

2020年2月15日~現在

​  べびぃLabo☆Ceres 代表

 
 
妊娠から幼児.jpg

べびぃLabo☆Ceres とは?

Ceres  無償の愛や母性、献身、穏やかな女性性、保護、養育の星

response 応答

study  学ぶ 探求する 

​べびぃLabo☆ Ceres はべびぃについて探求し、養育していく際の大切なことを自ら応答的に学びあい、高めあうことをめざしたい!

こんな意味を込めて生まれました~。

私たちは かつて べびぃでした。

べびぃについて学ぶことは、私たち自身を学ぶことにもなるのです。

べびぃLabo☆ Ceres

代表 杉上 貴子

​(助産師・保健師)

© 2020 by べびぃLabo☆Ceres   All right reserved