mamaケア~マタニティ~

健やかな妊娠出産産後を自分の力で手に入れよう

「母子フィジカルサポート」の考え方に基づく、姿勢と発達の視点からのケアを提供します

mamaケア~マタニティ~がめざすもの

「腰が痛い」「尿漏れ」「息がしにくい」いろんな体の不調や悩みを多くの妊婦さんが抱えています。

病院で相談すると大丈夫、お産したらなおる、といわれることも多いマイナートラブル。

でも、実は「からだの声を聴こう」「お産にむけてからだの準備をしよう」「産後に備えたケアをしよう」というあなたの身体の声だったりします。そして「ママ、自分を大事にしてね」「ぼく(わたし)も一緒に頑張ってるよ」という赤ちゃんからのメッセージでもあるかもしれません。

ボディケアを取り入れた産前産後ケアを延べ10000人に提供してきた助産師が監修する「mamaルーム杉上」であなたの課題に一緒にとりくみませんか?

よくあるご相談

腰が痛い・肩がこる・尿漏れ・便秘

お腹が小さい・大きい・切迫早産傾向

骨盤まわりの痛みや不快症状

安産をめざしたい

帝王切開を安心して受けたい

姿勢が気になる

お腹が前にでっぱっている

眠れない

尿漏れ

便秘

手が上がらない

骨盤がゆがんでいる

O脚 X脚

お腹がよくはる

赤ちゃんの動きが少ない

息がしにくい

逆子

麻酔分娩の準備をしたい

月経痛、月経全症候群がひどかった

​     などなど

​ケアの大まかな流れ

0.妊婦さんは事前に産科主治医から「助産師に身体のケアを受ける」許可をいただいてください。

1.視診 立ち姿・座位・寝姿の様子、動作の特徴、を拝見します。

2.問診 今の状況、過去の状況をお聞きします。

       自分では気づかないことが今につながっていることがとても多いです。

3.腹部触診・胎児心音の確認 腹部の触診 産科的異常兆候がみられないか、胎児が元気かを確認します。

4.テイクケア 必要に応じてお身体を触らせてください。手のぬくもりをあなたのお身体にお伝えすることで 変化を誘導していきます。ソフトなタッチングです。強い力で触ると あなたのお身体が緊張して的確な情報を教えてくれません。

4.セルフケア 日常のちょっとした体の動かし方や からだがほぐれる体操をあなたのからだの状況にあわせて提案します。

5.ケア後の確認 お身体がどう変化したか?を一緒に確認します。

6.次のステップへ 必要に応じて次回予約をお取りします。

 

​※ ご予約は必要だと判断した時のみこちらからお伝えします。お客様ご自身の判断が最優先です。ご希望の場合、どうぞお声かけください

※36週頃には あなたの出産時の姿勢、動き、いきみ方を探求できます。それにはおからだの特徴を把握することが必須になります。ご希望の方は32週頃にご予約をお取りください。

※帝王切開・麻酔分娩のための準備ケアを提供しています。ご希望の方は32週以降にご予約をお取りください。

体験者の声

つらい要因がわかってほっと

妊娠中呼吸がつらくてあえいでました。主治医も思いつかない原因をいわれ、セルフケアをがんばったら、楽になりました。状況を伝えただけでなんでわかるのか?不思議です。

​Oさん(36歳 妊娠30週)

夫が「一緒に産みました!」

妊娠中に出産準備セッションを体験しました。不安が消え、夫と一緒に臨月まで体の動かし方、呼吸法などに取り組みました。出産時そばにいた母が「あなた子どもいるの?」っていう位一緒に介助してくれました。

​Bさん(28歳 妊娠24週)

二人目は楽でした

一人目の産後がつらくて二人目はボディケアに通いました。産後1か月「どこもつらくない」。一人目よりしっかりしてる気がします。

​Tさん(初診14週)

料金・注意事項・お申込 
​       ここをクリック
     必要事項を記載し、送信してください